2015年04月20日

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』

ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない とは驚きです。
今までの癌治療、医療体制はどうなっているのでしょうか?
これを信じるならば癌を治すのにこれまでの高額癌治療は不必要だったと言うことですね。

医療業界と製薬業界に騙されてきたとしか思えません。
人の命よりもお金、
そんな拝金主義の医療業界と製薬業界は人の命を何とも思っていないのでしょうね。

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない 2014-09-02

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』
ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない
[Dr.レオナード・コールドウェル]90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=72131 より 2014/08/08 8:00 PM

8月6日付け:
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DgbdNNfotwM (動画)
これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

追記

YouTube Link
Every Cancer Can be Cured in Weeks explains Dr. Leonard Coldwell

「Dr レオナード・コールドウェル」90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法もいらなかった!

ブログ Link 以下抜粋転載
90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし。

これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

他Link
どのガンも完治します!

Book
がんの特効薬は発見済みだ!

ガンが消える!

食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)

他Link 以下抜粋転載
体内の PH バランスを理想のアルカリ性にして老けない、そして疲れにくく、病気にならない身体に! 
体内のPH バランスをアルカリ性に保つ事の重要性は、古くは1931年にノーベル賞を受賞しているDr. Otto Warburg が提唱しており、「癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性である」と述べています。また、近年に於いては、Dr. Theodore Baroody が、著書「Alkalize or Die」の中で「総べての病気の根本原因は、身体が酸性である事」と述べています。また、ここ最近のアメリカのテレビに、良く登場する、Kevin Trudeau 氏は、自身の著書「Natural Cure」の中で「あなたの身体のPH がアルカリであれば、全く病気になる事はない、全ての 癌患者は身体の PH がとても酸性である」と述べています。 そして、長期に渡って身体が酸性化してしまうと、体力の低下や老化を速めるなどの症状が出てくると言われています。

がんの特効薬はなぜ世に出ない?
岡崎氏によると、がんの特効薬とは「ベンズアルデヒド」というもので、これはすでに1987年ごろに東風睦之(こち・むつゆき)博士の手によって発見されているものだそうだ。
 本文には以下のように説かれている。

 「東風博士は、イチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、これをベンズアルデヒドと同定しました。この物質は、揮発性の有機溶媒なので、ブドウ糖と化合させて水溶性としたのち、末期がん患者六十五名を対象として、がん治療効果を調べました。 
 その結果、五五パーセントという高い有効率を得たのです。副作用も皆無でした。」

重曹で癌が治る可能性
何故抗癌剤が使われているのかというと、医薬品が世界中で儲かるらしいからです。
現にその証拠資料や海外の資料まで沢山見せてくれました。
実際に全ての癌が重曹で治るというのを証明したイタリアの学者が発見し発表したところ、暗殺され現在は軍に保護されているみたいです。
ほんとにこの重曹で癌が治るならあの抗がん剤はなんだったのでしょう。
抗がん剤は、体を痛め、高いお金を払い、寿命を縮め寸前の病気が治ったとしても、可能性として抗がん剤を打ったが為に、癌リスクが更に上がってしまい、更に癌のリスクを高めてしまう。

posted by RoseCastle.ai at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療の闇:健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417609257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック