2015年04月26日

5・9沖縄県祖国復帰43周年記念祝賀パレードin東京開催決定

取り敢えず以下転載告知します。

【拡散希望】5・9沖縄県祖国復帰43周年記念祝賀パレードin東京開催決定

 5月9日の沖縄県祖国復帰43周年記念靖國集会が近づいてまいりました。

靖國神社ではデモやパレードの開催が許可されていないため、別イベントとしての位置づけですが、終了後に祝賀パレードを開催することが決まりました。

靖國会館での集会終了後、午後4時30分に靖國神社を出発して2キロメートルほどのコースを盛大なパレードを開催する予定です。

コース等は妨害などを避けるため、タイミングを見計らって、沖縄対策本部のホームページ、ブログ、メルマガ、仲村覚のFaceBookでご案内させていただきます。

当日は、歩きやすい服装でご来場下さるようお願い致します。

昨年の東京で開催したパレードの動画を下に掲載いたします。

(沖縄対策本部 仲村覚)


<沖縄県祖国復帰42周年 日の丸パレード in 東京 2014/05/18 >
https://youtu.be/ECMLvDmq4Zg


<【超拡散!】5・9沖縄県祖国復帰43周年記念靖国集会】告知動画 >
https://youtu.be/VACc9536p6Q
タグ:沖縄
posted by RoseCastle.ai at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄・尖閣諸島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。

在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。
以下引用

多くの日本人が沖縄北部にあるアメリカ基地内で撮影された監視ビデオを公開したということで、エルドリッジ博士が政務外交部次長の職を解雇されるというニュースを非常に沈痛な気持ちで聞きました。それも解雇理由はビデオ公開の事前許可を得なかったからだとのことだけです。

一連の出来事は二人の日本人が2月22日、抗議中に基地境界線を越えてシュワブ基地の警備員に逮捕されたことに端を発しています。二人の内の一人は山城博治で、平和運動と称する団体の活動家でありその長です。この二人はそのあと釈放されましたが、沖縄の二大新聞であるところの沖縄タイムズと琉球新報はこの二人は警備員に基地内に引きずり込まれて拘束されたもので、違法逮捕であるという誤報を流しました。

この二大新聞社による誤報は一共産党員によって真実と受け止められ、彼は国会の場にこの事件を持ち出し、アメリカと日本政府は無実の国民を不法に抑圧していると非難しました。エルドリッジ博士がビデオ公開を決心したのは、正確に何があったのかを示すことによって、警備員の行動は法に則ったもので抑圧などはないということを証明して日本とアメリカ軍の名誉を守ることにありました。

その一方、上記の平和団体なる組織が行っていることは違法以外の何物でもありません。彼らは反米基地活動家であり、オスプレイの飛行を阻止するために凧や風船を飛ばしたり、米軍基地のフェンスを汚したり、アメリカ軍人に対しては誹謗悪口を浴びせています。

エルドリッジ博士は日本での大規模自然災害において米軍を活用することを発案し、それは4年前の東北震災のあと「トモダチ作戦」と呼ばれて初めて実行されました。また、博士の流暢な言語力は災害の後の仙台空港の復興の時に自衛隊と米軍人との間の意思の疎通に多大なる貢献をしました。博士は職務や種々の機会を通して、日本とアメリカとの関係を推進するために尽力されてきました。こうしたことから、博士は多くの日本人に尊敬されています。博士の解雇は現在の沖縄の危機的状況を鑑みたとき、二国間関係にとって非常な損失であるのみか悪害をもたらす行為とも言えます。それは、博士の解雇は反米基地活動家が望むことであり、彼らの反米目的を利するものだからです。こうしたことから、博士の解雇が撤回されることを切に望みます。我々日本人は二国間のよりよい理解のために博士を必要としていますし、そうした理解がアジア地域の安全には非常に必要なものであると思います。

在沖縄米軍海兵隊のロバート・エルドリッジ博士の解雇を撤回して下さい。
posted by RoseCastle.ai at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄・尖閣諸島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする