2015年04月20日

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』

ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない とは驚きです。
今までの癌治療、医療体制はどうなっているのでしょうか?
これを信じるならば癌を治すのにこれまでの高額癌治療は不必要だったと言うことですね。

医療業界と製薬業界に騙されてきたとしか思えません。
人の命よりもお金、
そんな拝金主義の医療業界と製薬業界は人の命を何とも思っていないのでしょうね。

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない 2014-09-02

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』
ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない
[Dr.レオナード・コールドウェル]90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=72131 より 2014/08/08 8:00 PM

8月6日付け:
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DgbdNNfotwM (動画)
これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

追記

YouTube Link
Every Cancer Can be Cured in Weeks explains Dr. Leonard Coldwell

「Dr レオナード・コールドウェル」90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法もいらなかった!

ブログ Link 以下抜粋転載
90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし。

これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

他Link
どのガンも完治します!

Book
がんの特効薬は発見済みだ!

ガンが消える!

食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)

他Link 以下抜粋転載
体内の PH バランスを理想のアルカリ性にして老けない、そして疲れにくく、病気にならない身体に! 
体内のPH バランスをアルカリ性に保つ事の重要性は、古くは1931年にノーベル賞を受賞しているDr. Otto Warburg が提唱しており、「癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性である」と述べています。また、近年に於いては、Dr. Theodore Baroody が、著書「Alkalize or Die」の中で「総べての病気の根本原因は、身体が酸性である事」と述べています。また、ここ最近のアメリカのテレビに、良く登場する、Kevin Trudeau 氏は、自身の著書「Natural Cure」の中で「あなたの身体のPH がアルカリであれば、全く病気になる事はない、全ての 癌患者は身体の PH がとても酸性である」と述べています。 そして、長期に渡って身体が酸性化してしまうと、体力の低下や老化を速めるなどの症状が出てくると言われています。

がんの特効薬はなぜ世に出ない?
岡崎氏によると、がんの特効薬とは「ベンズアルデヒド」というもので、これはすでに1987年ごろに東風睦之(こち・むつゆき)博士の手によって発見されているものだそうだ。
 本文には以下のように説かれている。

 「東風博士は、イチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、これをベンズアルデヒドと同定しました。この物質は、揮発性の有機溶媒なので、ブドウ糖と化合させて水溶性としたのち、末期がん患者六十五名を対象として、がん治療効果を調べました。 
 その結果、五五パーセントという高い有効率を得たのです。副作用も皆無でした。」

重曹で癌が治る可能性
何故抗癌剤が使われているのかというと、医薬品が世界中で儲かるらしいからです。
現にその証拠資料や海外の資料まで沢山見せてくれました。
実際に全ての癌が重曹で治るというのを証明したイタリアの学者が発見し発表したところ、暗殺され現在は軍に保護されているみたいです。
ほんとにこの重曹で癌が治るならあの抗がん剤はなんだったのでしょう。
抗がん剤は、体を痛め、高いお金を払い、寿命を縮め寸前の病気が治ったとしても、可能性として抗がん剤を打ったが為に、癌リスクが更に上がってしまい、更に癌のリスクを高めてしまう。

ラベル:癌治療 抗がん剤
posted by RoseCastle.ai at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療の闇:健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WHOが抗がん剤の使用をやめるよう勧告は嘘だが、その裏にある背景は何だろうか?

間違っていた記事を書いたので取り消し線で自分の言及を取り消します。
しかし、私の思いは変わることはないと思います。

日本の医療業界と製薬業界は自分たちの利益の追求のために抗がん剤治療を継続するとは、人の命をどう思っているのでしょうか?

医療に頼らなければいけない人も大勢いると思います。
しかし、WHOでさえ禁止した抗がん剤治療でいまだに苦しんでいる人は悲しい限りですね。
命を助けるのではなく、命をむしばむ医療とはいったい何なのでしょうか?

WHOが抗がん剤の使用をやめるように。いいだした。あとは各国の国内法の問題。
新井信介 「京の風」 > 時事問題 2014年7月22日 07:36

2014年5月末に、WHOが抗がん剤の効用を否定するどころか、抗がん剤の害毒を認めたことをうけ、日本では、ようやく7月15日に、癌治療の現場で、「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することが決定したことです。

ただ、すぐに、法律で禁止したり、行政指導をすることではなく、当面は、各医療機関がこれまで買ってある備蓄分を使うことを容認し、そのあとに通達が出されるとのことのようです。

 どこまでも、医療業者の利益をまもりたいのが日本の「お上」の姿勢なのです。それでも、「抗がん剤」否定の流れが始まったのは事実ですので、これはいいことです。 ここでは、国民が、大いに、声を上げねばなりません。

qed さまの忠告もありましたので 少し調べてみました。
その結果は 以下の通りです。

YouTube Link
Every Cancer Can be Cured in Weeks explains Dr. Leonard Coldwell

「Dr レオナード・コールドウェル」90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法もいらなかった!

ブログ Link 以下抜粋転載
90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし。

これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

他Link
どのガンも完治します!

Book
がんの特効薬は発見済みだ!

ガンが消える!

食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

ガンは5年以内に日本から消える! ー症状を抑える「対症療法」から原因を治す「原因療法」へー (経済界新書)

他Link 以下抜粋転載
体内の PH バランスを理想のアルカリ性にして老けない、そして疲れにくく、病気にならない身体に! 
体内のPH バランスをアルカリ性に保つ事の重要性は、古くは1931年にノーベル賞を受賞しているDr. Otto Warburg が提唱しており、「癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性である」と述べています。また、近年に於いては、Dr. Theodore Baroody が、著書「Alkalize or Die」の中で「総べての病気の根本原因は、身体が酸性である事」と述べています。また、ここ最近のアメリカのテレビに、良く登場する、Kevin Trudeau 氏は、自身の著書「Natural Cure」の中で「あなたの身体のPH がアルカリであれば、全く病気になる事はない、全ての 癌患者は身体の PH がとても酸性である」と述べています。 そして、長期に渡って身体が酸性化してしまうと、体力の低下や老化を速めるなどの症状が出てくると言われています。

がんの特効薬はなぜ世に出ない?
岡崎氏によると、がんの特効薬とは「ベンズアルデヒド」というもので、これはすでに1987年ごろに東風睦之(こち・むつゆき)博士の手によって発見されているものだそうだ。
 本文には以下のように説かれている。

 「東風博士は、イチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、これをベンズアルデヒドと同定しました。この物質は、揮発性の有機溶媒なので、ブドウ糖と化合させて水溶性としたのち、末期がん患者六十五名を対象として、がん治療効果を調べました。 
 その結果、五五パーセントという高い有効率を得たのです。副作用も皆無でした。」

重曹で癌が治る可能性
何故抗癌剤が使われているのかというと、医薬品が世界中で儲かるらしいからです。
現にその証拠資料や海外の資料まで沢山見せてくれました。
実際に全ての癌が重曹で治るというのを証明したイタリアの学者が発見し発表したところ、暗殺され現在は軍に保護されているみたいです。
ほんとにこの重曹で癌が治るならあの抗がん剤はなんだったのでしょう。
抗がん剤は、体を痛め、高いお金を払い、寿命を縮め寸前の病気が治ったとしても、可能性として抗がん剤を打ったが為に、癌リスクが更に上がってしまい、更に癌のリスクを高めてしまう。


qed様 お勧めリンクをのぞいてみました。
管理人記
確かにWHOでは抗がん剤の使用をやめるように勧告していませんでした。
よって記事タイトルを
WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだした。あとは各国の国内法の問題。
から
WHOが抗がん剤の使用をやめるよう勧告は嘘だが、その裏にある背景は何だろうか?
に変更しました。

Blog うさうさメモ さんを見ました。
WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだしたことは内容ですが、煙のないところに火は出ませんので、何故このような噂が広がるのでしょうか?そこにはWHOの欺瞞が有るからかもしれません。裏話はそもそも表には出てきませんので、この噂も何か裏が有るのかもしれません。
管理人記 ここまで

インドで「子宮頸癌ワクチン」接種の犠牲者多数で緊急停止!?
Cancer vaccine programme suspended after 4 girls die
インドでガーダシルの研究プログラム、死亡者が出たため緊急停止さる
”インドで行われていた子宮頸癌ワクチン、マーク(メルク)社製のガーダシルの公的医療における有用性と受容性を調べる2年間の研究プログラムで、ガーダシルを接種した120人の女子のなかから4人の死亡を含む多数に問題が生じたため、インド医療研究評議会(The Indian Council of Medical Research - ICMR)がただちにこのプログラムを停止するよう命じた。

死亡以外の健康被害は、胃障害、てんかん、頭痛や早期初経。女性の活動家たちは、これまで悪い症状が出ていない女子にも精神的な悪影響があるのではないかと恐れている。

管理人記
上記記事のようなことも報道されていますし、癌治療は人類抹殺計画の一部かもしれません。
癌は治る病気ということも隠されたままになっていますし、その治療方法もあるにも関わらず、WHOが勧める以外の癌治療法は抹殺されてきた歴史を考えると、WHOの公式発表が本当に正しい治療法なのかという疑問がわいてきます。

製薬メーカーが利益を上げるためのWHO発表なら、そもそも信用できるの?
WHOが勧める治療以外の安価な治療法でしかも完治率が高い治療が何故復旧しないのでしょうか?
とても不思議なお話ではないでしょうか?

WHO発表のデマも このような事から出てきているのではないでしょうか?
管理人記 ここまで

以下google機械翻訳

WHO ガイドニュー予防と子宮頸がんを制御します
子宮頸コントロールと予防は、特にために、アクションに入れることができたときのガイダンスは、女性の生涯を通じてキー機会と年齢を識別します。

一次予防:ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種のターゲットの女の子は、彼らが性的にアクティブになる前に、それらに達することを目指し、9〜13歳。
二次予防:子宮頸がんに発展する可能性を検出前癌病変の治療に続いて、このようなVIA(酢酸で子宮頸部の目視検査)またはスクリーニングのためのHPV検査として30歳以上の女性のための技術へのアクセス、。
第三次予防:手術、化学療法および放射線療法を含むあらゆる年齢の女性のためのがん治療と管理へのアクセス、。
根治治療はもはや選択肢である場合には、緩和ケアへのアクセスが非常に重要ではありません。
保健サービスやプログラムの様々なこれらの提言の異なる要素を実装するために必要とされています。ガイダンスでは、保健プログラムの間、子宮頸がん予防の成功のために、保健サービスのすべてのレベルで作業の専門家の間で部門間の連携の重要性を、強調しています。

WHO 癌 ファクトシートN°297 2015年2月更新
治療
すべての癌の種類は、外科手術および/または放射線療法および/または化学療法などの1つまたは複数のモダリティを含む、特定の治療計画を必要とするので、正確な癌診断を適切かつ効果的な治療に不可欠です。主な目的は、癌を治療するか、または大幅に寿命を延ばすことです。患者の生活の質を改善することも重要な目標です。これは、支援や緩和ケアと心理的支援によって達成することができます。

早期の検出可能な癌のうち、硬化のための潜在的な
ベストプラクティスに従って早期に発見し、治療した場合、そのような乳癌、子宮頸癌、口腔癌および結腸直腸癌などの最も一般的な癌タイプのいくつかは、高い治癒率を持っています。

いくつかの他の癌の治癒のための潜在的な
適切な治療が提供されている場合は、そのような白血病や小児のリンパ腫、および精巣セミノーマのような播種性にもかかわらず、一部の癌の種類は、高い治癒率を持っています。

緩和ケア
緩和ケアは、むしろ治療よりも、癌によって引き起こされる症状を緩和する治療法です。緩和ケアは、人々がより快適に生活することができます。それは、癌および他の慢性致命的な疾患を持つ世界中の人々のための緊急の人道的必要性です。これは、特に治癒のほとんどチャンスがある進行期の患者の割合が高い場所で必要とされています。

、物理的、心理社会的および精神的な問題からの救済は、緩和ケアを通して進行がん患者の90%で達成することができます。

Blog うさうさメモ 以下抜粋転載
WHOは2015年4月現在も、抗がん剤を「禁止」していない
「2014年のWHOの理事会」について調べてみた
さて、船瀬氏の本は読んでいないので、この話がどこから出てきたのか今ひとつよくわからないのですが、ここからは自由研究として、「WHOの理事会」についてもう少し調べてみました。外務省にWHOのことが掲載されています。

1つ目は、ウイルス性肝炎からの肝臓がんになるという話で、抗がん剤については言及されていません。2つ目は、緩和ケアの重要性と、緩和ケアに使用する麻薬や向精神薬についての話で、これにも抗がん剤は出てきません。3つ目の項目では、統合失調症を発症している人が糖尿病と大腸がんになりやすいという話が一言出てくるだけです。

というわけで、やはり、2014年のWHOの理事会にも世界保健総会にも、抗がん剤の使用についての決議はないようです。

「WHOがなんたらかんたら」というのは医療デマの定番ではあるのですが、WHOはオフィシャルサイトに情報をたくさん載せてくれますので、検証しやすいのは不幸中の幸いと言えます。この手のデマには、たいてい「ああ、これを曲解したのか」という「元ネタ」が見つかることが多いのですが、今回それが見つけられずちょっとモヤっとしています。しかし、とりあえず「WHOが抗がん剤を禁止した」という事実はないことはわかりました。
ラベル:抗がん剤
posted by RoseCastle.ai at 17:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療の闇:健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする